スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

2004-06-21

●マッキンゼー式 世界最強の仕事術  イーサン・M. ラジエル (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901234110/maruruchan-22/ref=nosim

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
 『世界最強の仕事術って?』
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『売り込み』
 『初めての問題』
 『士気』
 『到達可能』

★━本をフォトリーディングしてみての、本の著者への疑問━━★
 『ビジネスの解決方法=進め方は?』

  自分にとっての仕事の型=進め方を作れると
  非常に能率があがりますよね?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『売り込みはしない-マーケティングする』
  売込みをせずに、自分たちの存在を知らせてやることを目的とする。
 (情報誌の発行・論文の投稿・慈善団体に協力など)
 そうすれば必要になった時点で、顧客のほうから連絡を取ってくる。
  
 これってブランドを築くのと同じですね。「この問題なら
 ここに頼めばいい!」という状態にもっていければ
 売り込む必要なんてないわけです。

 「精度のきびしい物づくりをしないといけない」
 「だったらここだったら安心だね。高いけどしゃ~ないか」
 よくうちで行われる会話です(^^;;)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『チームの士気を維持する』
  現在の作業の目的をはっきりメンバーに伝える&進むべき
  方向性は一方向ですすめる。

  現在、下っ端ですからこのことをちゃんとやってくれる
  リーダー(上司)がいればいうことないですね。
  え?こう書くってことは・・・・(自粛)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ブレインストーミング:準備は周到。会議に臨むときは白紙で』
  なかなかできないですよね。ナンも調べずに参加するのは
  かなり問題ですけど、調べてしまうとそれに縛られてしまう。

  「自分のベビー(=アイデア)を殺す覚悟を持つ」
  なかなか言いえて妙なたとえだと思います。
  これまで培ってきた知識も下調べも、完全に捨てられますか?

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
 『売り込まずにまず存在を知らせる』

  セルフブランドとして、こいつに任せれば
  安心だ!というものを確立しないといけない。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

この本、フォトリーディング(速読)をやる
はるか昔。。何年前かに買った本です。
本棚の奥に眠っていたのをひっぱりだしてきて読みました。
当時は得られなかったことが今回読んでみて得られた気がします。
そういう意味では、わたしも成長しているのかなぁ?

マッキンゼー。大学の同期や後輩が結構行っているので
他のコンサルティングよりもなんか親近感がわきます。
特に同期の1人は、自分にとって、ビジネス方面での目標でも
あるので、この本を買ったんでしょうね(笑)
もちろんそんなこと本人に言ってませんけど。

●マッキンゼー式 世界最強の仕事術 イーサン・M. ラジエル (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901234110/maruruchan-22/ref=nosim



 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.