スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 最新版 飛び込みなしで「新規顧客」がドンドン押し寄せる「展示会営業」術[by 清永健一 (著)]

最新版 飛び込みなしで「新規顧客」がドンドン押し寄せる「展示会営業」術[by 清永健一 (著)]

2019-10-01

●最新版 飛び込みなしで「新規顧客」がドンドン押し寄せる「展示会営業」
清永健一  (著)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4341087290

☆本から学んだこと

本屋さんをぶらぶらしているときに
出会ったのが本著。

インターネットでビジネスをしているまるるちゃんには関係ないでしょ?

とおもわれた、あなた。

実はそんなことはないのです。

20年前ならいざしらず
インターネットで集客ということは、ライバルのいる戦場で戦うこと。

インターネットなしということはありえませんが
補完関係になる戦場を選定できるのならばそれにこしたことはありません。

私の中での「展示会」のイメージは
お金の余っている大手が、イメージ向上を狙って出展するもの
という感じでしたが
本著を読んで、その考え方がおおきくかわりました。

本文に
「展示会」には、あなたの会社の商品が欲しい人が全国からやってくる

という記述を見つけて
なるほど、私自身が購入するかどうかはともかく
興味を持っている内容じゃないと展示会行かないよなーと思い返したわけです。

その上、自社でゼロから集客しなくても
私達の会社に興味を持っている「可能性が高い」顧客が
勝手に集まってくる。

あとはいかにそこで自社に足を止めてもらうか?
という戦術にかわってくるのだと。

もちろん。プレゼントでつって名刺をもらう
というだけではなんの意味もなく、コストが掛かってしまうだけ。
そこを如何にして全社で取り組んでい行くのか?

本著を読み終わった直後に、とある経営者さんと「展示会」につい て
お話するチャンスがあったのですが、まさに本著のようなイメージ
取り組んでいらっしゃるとおっしゃっていました。

普段読まないジャンルなだけにとてもおもしろい1冊でした。

●最新版 飛び込みなしで「新規顧客」がドンドン押し寄せる「展示会営業」
清永健一  (著)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4341087290


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.