スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法 [by 杉村 晶孝 (著)]

なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法 [by 杉村 晶孝 (著)]

2007-12-24
なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法 なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法
杉村 晶孝

ダイヤモンド社 2007-10-19
売り上げランキング : 4313
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/12/24

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『消防署?』

   普通は売り込みに行かないかも
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『一網打尽にする』   『くじらの群れ』

 『印籠方式』   『人間パスポート』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『お役所系コミュニティにはいっていく方法は?』
                              
   アンタッチャブルだと思っている人も多いはず
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『お役所は巨大な眠れるマーケット』
 ▼『お役所にとけ込むには?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『お役所は巨大な眠れるマーケット』
  役所といわれたらどんなところを想像しますか?

  市役所、消防署、警察署。

  このあたりは普通に出てくると思うのですが
  各種の学校、土木・建築の管理事務所であったり
  各種公営の交通機関、インフラ関係
  元々お役所だったのが民営化された、某電話会社や
  某鉄道会社、某郵便関連などなど実はDNAとして
  「お役所」であるところはめちゃくちゃ多いのです。

  では、DNAとして「お役所」というのはいったいどんな
  ところなのでしょうか?

  DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という言葉を
  聞いたことがある人は少ないかも知れませんが
  一般には通販企業などが行っているやりかたで
  基本的にはターゲットを「個人」に設定してやるビジネスの手法です。

  これに対してお役所系コミュニティを相手にするときには
  「個」として個人を捕らえないというのです。
  すべての個々人は「群れ」の構成員として把握し
  その「群れ」自体に対してマーケティングを仕掛けると。

  ですから、個人情報を違法すれすれで入手する必要も
  当然無いですし、網をばさっとかけることで一網打尽にする
  こともできてしまうのだとか。

  これも「お役所系」が、一体感であったり共同コミュニティとして
  まさに「群れ」のように動くからかも知れません。
  逆に現代の普通の人は「周りと違うところも持ちたい」という
  欲求をプライベートではもっているので、大量生産大量販売が
  うまくいかなくなっているのに・・・。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『お役所にとけ込むには?』
  そんなお役所系のコミュニティを攻略するにはどうすれば
  いいのでしょうか?

  というと。。「群れのことは群れに聞け」と。
  当たり前ですか?

  でも、内部の結束が強いコミュニティほど、内部のことを
  知っているかどうかによって、その成否は大きく変わってきます。

  例えば、まるるちゃんがかつて在籍していた企業もそうでしたが
  お役所系や大規模な業界や企業においては
  情報伝達経路が複雑に絡み合ったピラミッド型のコミュニティ。

  その伝達経路は「群れ」の中にいないとなかなか知ることができませんが
  これを抑えると、属している個人はいろんなルートから
  こちらが流している情報を受け取る可能性がでてきますので
  「お、これ前も見たけどいいものなのかな?」と思ってもらえたりだとか
  一つめはスルーされてもどれかが「当たる」可能性がでてくるわけです。

  そしてこの直接送るのではなく、群れの中の情報伝達ルートに載せる
  大きなメリットは、普通に送っているDMなどが
  水戸黄門さまの印籠のように「公式文書であるかのように」
  ロンダリングされてしまうこと(笑)

  だって、普通にDMが届くよりも、「回覧文書」として
  まわってくると、なんだろう?って、一度は目に入れますからね。

  公式に提携していたりするならばその「権威」を活用すると
  より効果がたかくなります。
  「やばい、ここで止めてしまっては後で怒られてしまうかも」
  という感情が湧きやすくなって、さらに回覧が進むという流れです(笑)

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『群れのことは群れに聞け』
                              
   そして、まるで仲間のように混ぜてもらう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
  まるるちゃんがサラリーマンだった頃には
  たしかによく文書が回覧されてきましたが、
  工夫はあんまりされていなかったので、セールスの文書は
  あんまり目を通してなかったですけどね(^^;;)

  著者の杉村さんのように工夫されていたら
  かなりやばかったかも知れません(笑)

  
  本著は、読んでいて純粋に「おもしろい」です。
  いろんな工夫を随所でされている杉村さんだからこそ
  この本を書くときにもいろいろと工夫をしたんじゃないのかな~って
  思えるくらいに。

  まるるちゃんがやっているビジネスは今のところ
  お役所系をターゲットにしていませんが
  いろんなことがとっても勉強になりました。

なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法
なぜ消防署で住宅ローンがバカ売れするのか?―お役所系集団に口コミで売り込む方法

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2021 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.