スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > パーソナル・プラットフォーム戦略

パーソナル・プラットフォーム戦略

2011-11-21
パーソナル・プラットフォーム戦略
パーソナル・プラットフォーム戦略 平野敦士カール

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011-11-16
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

プラットフォームといえばこの人!

ともいえるカールさんの新著。

「プラットフォーム」という単語だけをきけば
大きな組織だけができるものであるという思いが最初にわいてきてしまいますが
その反対概念である「パーソナル=個人」という言葉と
組み合わせたタイトルが秀逸です。

もちろん内容もすごくいいものです。
本著の冒頭のカールさんの言葉に

自分の目的を提示し、同じ方向を向いてくれる人を、
関わり方はどうあれ、巻き込んでいく
そうして自然発生的に、「実現を助けてくれる人」を集めていく。

という文書が記載されています。

 

自分だけが求めるのではもちろんありません。
相手にも「実現したいこと」があるはずです。

その相手の実現したいこともサポートする。
そしてタイミングと想いがあえば「自分の実現したいこと」も
助けてもらえる。

そんな自然な循環ができるからこそこの言葉が
紡ぎ出されたのではないかと思うのです。

 

私自身、この1年はどちらかというと
自分の実現したいことというよりは、
他の人の実現したいことに共感して、そのサポートに回ることも
数多くありました。

いわゆる「他の人のプラットフォーム」に乗っかっていたわけです。

これでいいのかな?と思うときも何度かありましたが
いまの自分に「実現したい」と思うことがでてきたときには
周りのメンバーに話すことができるチャンスが増えていると今は思っています。

 

実際今年の夏に「理科を好きになる=ペットボトルロケットプロジェクト」を
自分が中心で実行しましたが
そのときには、これまでに築いてきた周りの仲間たちから
多大なるサポートをいただきました。まさに想いだけで。

 

私の常に思っていることに「人生に無駄はない」というものがありますが
まさにパーソナルプラットフォームを築いていく過程が
人生そのものなのかなとおもうわけです。

 

 

パーソナル・プラットフォーム戦略
パーソナル・プラットフォーム戦略 平野敦士カール

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011-11-16
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る by G-Tools


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.