スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 起業1年目の教科書 [by 今井 孝 (著)]

起業1年目の教科書 [by 今井 孝 (著)]

2015-07-27

起業1年目の教科書

一度チャレンジして飛び越えてみるとなんでもないことでも
やる前までは怖いことってありませんか?

たぶんその一つに入るのが「起業」なのかもしれません。

わたしは幸運なことに、この壁を
意識せずに超えてしまったので今となってみれば
わからない部分もありますが、そういう声はよく聞きます。

そんなときにいいなと思ったのが本著。

なにが「壁」になっているのか?
その壁を一気に飛び越えるのではなく
どうやって超えていくのか?

というところが【階段思考】という本著の考え方に
集約されているような気が今の読後の感想です。

私自身、1年目ではないけど
あらためていくつかの考え方が薄れてしまっていたので
すごい役立ちました。

たとえば「元を取る期間」を自分で設定すること。

起業家であれば、投資したお金に対して
元を取ろうとするのは当たり前です。

でも一つのビジネスに投資したお金を
すぐに回収しようとするといろいろとムリが出てきます。

でもこれを「自分の決めた期間で回収すればいい」とおもえば
その枠がどんどん広がっていくわけです。

書籍・セミナーなどの先行投資については
具体的で何で回収しようなどとは厳密に考えずに
投資を行いますが、ビジネス単体ではどうしてもいろいろと悩んでしまう
こともあったので、多角的にもっと考えてみようと思いました。

起業1年目の教科書


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.