スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 中村貞裕式 ミーハー仕事術 [by 中村貞裕 (著) ]

中村貞裕式 ミーハー仕事術 [by 中村貞裕 (著) ]

2012-11-08
中村貞裕式 ミーハー仕事術 中村貞裕式 ミーハー仕事術
中村 貞裕

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-07-14
売り上げランキング : 30905

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2012/11/08

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『好きなことを仕事にしている人について知りたいと思ったら』

   ミーハーが武器になる!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『スーパーミーハー』   『0.5歩先の情報』

 『ジェネラリスト&スペシャリスト』   『フック』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『いろんな人を巻き込んで、一緒に仕事するには?』
                              
   チームで仕事をする場合の極意を知りたいので
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『「知らない」を認める』
 ▼『仲良くなりたいと思わせる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『「知らない」を認める』
  あなたは知らないことを人に聞くことができますか?
  例えば、ゴルフの上達方法を知りたいとき、
  ゴルフの上手な人に聞いてみるとか・・・。

  なんとなく気恥ずかしい・・・。
  そんな思いをもつことも人もいらっしゃるはずですが、

  知らないことを認め、自分のもっている知識で
  会話をしたり、教えてもらうことも大事だと
  この本の著者の中村さんはおっしゃっています。

  極端なことを言えば、開き直ることも大事なのでしょう。
  まったくなんの知識もないまま教えてもらうということも
  場合によってはアリなのかもしれませんが、会話や人脈を広げる上で
  会話のフック(知識)はもっていた方がよさそうです。

  広く浅い知識を持っている「ミーハー」の価値は
  ここにあるのかもしれません。

  たしかに、なにかを習得したりする上で人に教えていただくというのは
  上達の近道なのだと思った次第です。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『仲良くなりたいと思わせる』
  人脈を広げる上で、仲良くなりたいと思わせることができるかが
  一つのテーマに取り上げられています。

  世の中には人当たりのいい人や、初対面でもとっつきやすい人がいて、
  なんだか羨ましいと思うことはありませんか。

  人は漠然となにか今よりもっと楽しいことを求めているので、
  そのためのフック(知識)の他に、仲良くなれそうな雰囲気を
  かもし出せているのかがポイントなのだとのこと。
  たしかに私の周りので人脈が豊富な方々にも共通することです。

  多くの人に楽しい予感を感じさせる「足長おじさん」のような人に
  なることができたら、いいですよね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『雑誌を読んでみよう』
                              
   流行はインターネットだけでないと思ったので
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
  この本の中で「1時間立ち読みする」というものがありました。
  本屋さんでメンズ、ファッションなどの雑誌を読むというものです。
  正確には「読む」というよりも「目を通す」という方が
  正しいのかもしれません。

  これによって、旬な人、流行などが自然と理解できるというのです。
  中村さんの言葉を借りると「情報の最大公約数」が見えてきます。

  これは私があまり取り組んでいないことでした。
  さっそくやってみようと思いました。

中村貞裕式 ミーハー仕事術
中村貞裕式 ミーハー仕事術

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.