スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール [by 中村 一晴 (著)]

サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール [by 中村 一晴 (著)]

2007-11-17
サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール
中村 一晴

草思社 2007-10-30
売り上げランキング : 2958
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/11/19

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『サラリーマンがリッチになるには』

   普遍的な法則がある?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『打率3割』   『どんな「場」』

 『思考を変える』   『システム化』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『どんな人が求められているのか?』
                              
   求められている人は強い。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『そもそも、なぜ仕事をしているのか?』
 ▼『会社も自分もトクするシステムを探せ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『そもそも、なぜ仕事をしているのか?』
  本著を読んでメルマガを書いているまるるちゃんは
  ご存じの通り、現在はサラリーマンではありません。

  では、なんで本著を読んでこうやってメルマガで紹介を
  しようと思ったか?というと・・・

  社長のための成功術も、サラリーマンのための成功術も
  同じだよ。サラリーマン時代に何か得るものがあったからこそ
  独立することができたんだから

  という一節を本著で見つけたからでした。

  サラリーマンの頃は、どうしても
  上司との力関係で、相手の方が強いと思ってしまいがち。
  というのも、その源泉である「給与」をもらう立場と
  与える立場であるというとらえ方をしてしまうからです。

  が、給与というモノは本来、仕事の【対価】として
  もらうべきもの。
  あなた自身の活動の成果があるからこそ
  いただけるものが「対価」ですよね。

  と考えてみると。。。独立していようといまいと
  【対価】としてお金をいただくと言うことは全く一緒。

  だからこそ、「成功術」は同じであるといえるのでは
  ないでしょうか。

  
  何が違う?と考えると、それは
  リスクとリターンの関係が異なることです。

  社長や起業家は、売上がなければ当然収入もゼロ。
  ヘタしたら持ち出しでマイナスです。

  でもサラリーマンであれば、会社が巨額の赤字であっても
  給料がゼロ円になることはありません。
  #まるるちゃんもサラリーマン時代のある年に
  #会社が数千億単位の赤字でしたが、ちゃんと給料はありました。

  あくまで違っているところはここだけですから
  常に「成果」をあげることによって、その対価として
  給与をいただくという考え方を持っているかどうか。
  これがまず第一歩目になるのだと思います。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『会社も自分もトクするシステムを探せ』
  中小企業の多くは、「社長」の営業力だけで
  会社が運営されていることが多々あります。

  もしくは、社長じゃなくてもあるスーパー社員がいて
  その人ががんばるかどうかで、会社の業績が左右されてしまう
  そんなことが。

  でも、、、それは実は健全な姿であるか?というと
  そんなことはありません。

  だって。。会社のあるべき姿は「ゴーイングコンサーン」と
  よくいいますが、継続的に続くこと。
  波があることが良い状態ではないのです。
  

  だったら。。誰でも実行できる仕組みを「仕組み作り」として
  作り上げることが大事だと著者の中村さんはおっしゃいます。

  そしてその仕組みを作り上げることができれば
  実は、自分が楽だとも。

  
  「仕組み作り」をすると、楽だ!というのは
  まるるちゃんも激しく同意します。

  まるるちゃん自身、単調作業を繰り返すと言うことは
  かなりの苦手項目。なのでどうしても後回し後回しに
  してしまって、後ではまります(^^;;)

  だったら、同じような内容の繰り返しは
  プログラムとかを使って、コンピュータに代行させればいいじゃないか!
  と良く思うのです。

  そして単純化してくれば、自分でやっても楽だし
  もしくは他の人に業務を委託することもできるじゃないか!と。

  仮に自分がよくできる社員だとすれば、「仕組みなんか作ってしまったら
  自分がお払い箱になるじゃないか!」と思うかもしれません。

  でも・・・
  実は「仕組みを作ることが出来る」人は、、、、
  どんな環境でもどんな会社でもちゃんと居場所があります。

  ある会社でお払い箱になっても、他の会社から
  三顧の礼で迎えられるくらい、希少価値が高いのですからね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『会社も自分も楽な仕組みを作る』
                              
   嫌なことは自然に出来るような仕組みでもある
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 大企業病と言う言葉が言われて久しいですが
 実は、「仕組みがしっかりしている」からこそ大企業。
 
 その仕組みは最初はうまくいっていたのに
 そのままにずーっと使い続けているから勤続疲労が
 起こっているのではないかと思うわけです。
 決して「仕組み」が悪いわけではないと。

 だからこそ、注意しないと行けないのは
 一旦作り上げた仕組みをそのまま、宝のように使い続けることが
 正しいわけではないと言うこと。

 時代はもちろんのことですが、いろんな外的環境条件が
 変化するわけですから、せっかくつくった仕組みを無駄にしないためにも
 やっていかないといけないですね。。

 え?それではいつまで経っても自分が楽にならない?

 んー、そう考えると、今度は「仕組みを作り出せる人」を
 まるるちゃんを含めた私たちが作り出す必要が
 あるのかもしれません。。。

 自分しかできないことは自分の「価値」ですが
 常に自分しかできないことを減らしていくことが
 必要なんだろうな~と思う側面からも。

サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール
サラリッチの法則―「年収1000万円超の会社員」になる7つのルール

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.