スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > ポッドキャストでガンガン稼ぐ! [by 中嶋 茂夫 (著) ]

ポッドキャストでガンガン稼ぐ! [by 中嶋 茂夫 (著) ]

2007-10-09
ポッドキャストでガンガン稼ぐ!―Mac対応 ポッドキャストでガンガン稼ぐ!―Mac対応
中嶋 茂夫

中経出版 2007-10
売り上げランキング : 22
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/10/10

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『ポッドキャストって何?』

   使ってないのでよくわかってませんw
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『なぜ熱いのか?』   『手間いらず』

 『自己ブランドの確立』   『滞在時間を長くする』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『新しいメディアをビジネスにつなげるには?』
                              
   ツールだけでは成果はでませんから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『なぜ今、ポッドキャストが熱いのか?』
 ▼『顧客の信頼感を勝ち取る』
 ▼『サイトの滞在時間を長くすると・・・』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『なぜ今、ポッドキャストが熱いのか?』
  「ポッドキャスト」聞いたことがあるけど
  その中身がわからん、、というあなた。

  ご安心下さい。まるるちゃんもちょっと前まではそうでした。

  「いったい、音声ファイルと何が違うんだろう??」

  と思っているだけで、それ以上深く追求していませんでした(笑)

  で、今回の本著を読んだり、著者の中嶋さんに先日セミナーで
  お会いしたときに懇親会で話を聞いたりしているうちに・・

    「お、おもろいかも」

  と思うようになったのです。

  というのは。。。これまでのインターネットのビジネス
  特にサーバーに何かコンテンツを置いたりするビジネスモデルでは
  メインのユーザーはパソコンユーザー。
  最近ようやくモバイルユーザーということで携帯電話を
  持っているユーザーにリーチ(到達)できような環境に
  なってきました。

  そのユーザーさんに提供するコンテンツの枠が広がる
  (=音声を提供できる)というのもありますが
  iPodやiTuneの普及により、その提供の仕方が「自動」で
  できるようになってきているというのです。

  つまり、ポッドキャストを使っていると
  一旦登録したユーザーさんの手元には、必要ないといわれるまで
  定期的にコンテンツが届けられる・・・

  これって、強いですよねー。
  
  以前からメルマガの時代は終わったといわれながらも
  メールマーケティングが絶滅することがないのは
  ユーザーさんからアクションを起こさなくても、情報が
  受け取れるというメリットが強いからにい他なりません。

  ブログではRSSがその代表的な存在ですが
  そこに「音声」や「動画」を載っけられるというイメージが
  ぴったり。

  これは何かひねりたくなる要素が一杯です(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『顧客の信頼感を勝ち取る』
  さて、そんなポッドキャストですが
  普通にやっているだけでは、一方的な発信に終わってしまって
  これまでのメルマガやブログと変わらなくなってしまいます。

  ポッドキャストとしての特性を生かすにはどうするのか?
  という一例が本著に紹介されていたので
  ご紹介しますね。

  特にあなたが起業家であったり、個人事業主であり
  会社のブランドではなく、個人で勝負されている場合には
  とっても大事なこととして「自己ブランド」の確立
  というテーマがあると思います。

  個人で勝負している場合には、最初は当然ながら
  どこの馬の骨ともわからないという捕らえられ方を
  お客さんからはされます。

  そのために「自分がなんの専門家」であるかということを
  「自己ブランド」として確立していくことを狙っていくわけですが
  これまでは「文字」「文章」というものでしか
  ブランディングができませんでした。

  媒体として使えるのが「メルマガ」や「ブログ」なわけですから
  当然文章が中心になりますね。

  そこに・・今回のポッドキャスティングを上乗せすると・・・

  「音声」「動画」というアプローチができるようになるわけです。
  インプットされる情報のルートが増える=伝わる感覚器官が増えるのです。

  さすがに「嗅覚」は刺激できませんけどね(笑)
  
  インターネットの世界は、もともと「匿名」を前提に
  発展してきました。
  実際の世界とは違う世界であり、個人も違う自分に
  なれてしまう世界だったのです。

  そんな感覚が、逆に実際の世界に近づいている「ビジネス」では
  うさんくさいという想いを抱かせてしまいますが
  そこを「動画」や「声」を使うことで、リアルな存在感と
  信頼を伝えることができていくのではないでしょうか。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『サイトの滞在時間を長くすると・・・』
  あなたが、インターネットで一つサイトを運営しているときに
  その収入の道をどうしようか?と
  考えたとき・・・

  まず大事なことは「アクセスを集めること」だといわれています。
  一生懸命、日記を書いたりページをつくったりしても
  誰も知らなかったら・・・来てくれませんからね。

  でも。。。ただ訪れてもらっただけでは
  まだ足りません。

  だってお店の前まで来たのはいいけれども 
  そのままUターンで帰られてしまったら・・・

  なんにもなりませんよね。逆にそのお客さんを呼ぶために
  つかった広告費が無駄になってマイナスです。

  そう、あなたの所に来てもらったらば「滞在」してもらうことが
  大事になります。
  
  普通のお店だったら、滞在時間が延びるごとにお客さんが
  購入してくれる合計金額が高まっていくといいますが
  これはネットで開設しているサイトでも同じ事なのです。

  その滞在時間を高めるために、中嶋さんがされているのが
  「トワイライトエクスプレス.com」というサイト。
   ⌒a href=”http://xn--eckam2a2ca3hc2l4gob1a.com/” target=”_blank”>http://xn--eckam2a2ca3hc2l4gob1a.com/

  このサイトでは、寝台特急「トワイライトエクスプレス」の
  情報を取り扱ったサイトなのですが、ここで文字情報だけではなく
  音声や動画を使って

     疑似旅行体験

  をしてもらえるということがとっても大事なこと。

  
  旅行体験ができるとしたら・・興味がある訪問者の方は
  ずーっとはまっちゃいますよね(笑)

  面白いなーと思ったのが
  列車の車内放送や、列車自体の音を
  60個にも分けて順次配信しているということ。

  車内放送の音を聞くと、確かに旅行気分にもなるし
  それが「順次」配信されることで、更新されていて
  常に楽しみ!という想いも湧きますからね。

  そして・・ネタ切れを心配する必要もないし(笑)
  いいことづくめです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ポッドキャストをつかてみよう。』
                              
   どういう形かはこれから考える。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 ポッドキャストも初めに出た頃は
  「難しいのだろうな~」と漠然と思っていました。

 まるるちゃんの特性としては、一番最初に
 新しいモノに飛びつく「イノベーター」タイプではないようです。

 ネットの世界では、一般の人たちが気がつく直前に
 「お、盛り上がってきてる新しいモノはなんだろ?」
 と興味を持って近づいていくタイプ(笑)

 以前に「キャズム」という書籍を取り上げましたが
⌒a href=”http://amazon.co.jp/o/ASIN/4798101524/maruruchan-22/ref=nosim” target=”_blank”>http://amazon.co.jp/o/ASIN/4798101524/maruruchan-22/ref=nosim
 ここでいう「アーリー・アドプター」なのかもしれません。

 今回のポッドキャスティングもそろそろ
 この領域に入ってきたように感じています。

 ここから盛り上がっていくかどうかは、「キャズム」を
 超えることができるかどうかにかかっていますが
 何かネタをひねり出したいな~と思ってます。

ポッドキャストでガンガン稼ぐ!
ポッドキャストでガンガン稼ぐ!

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.