スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ [by 本田 健 (著)]

大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ [by 本田 健 (著)]

2007-10-18
大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ 大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ
本田 健

フォレスト出版 2003-02-22
売り上げランキング : 19754
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/10/19

☆気になったキーワード

 『4つの生き方』   『幸せの源泉、豊かさの源泉』

 『移行期をどう乗り切るか』   『成功しようと考えない』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『大好きなこととお金持ちを近づけるのには?』
                              
   もっているスキルのどこを強化するべき?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『10万ドル稼げる確率は?』
 ▼『自営業の「下堀り地獄」に注意』
 ▼『ビジネスIQを高める』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『10万ドル稼げる確率は?』
  10万ドルといえば、日本円にして約1億2000万円に
  足りないくらいです。(為替レートによりますので・・・)

  その金額を稼ぐことが出来る確率を
  アメリカの唯一の全国紙、USAトゥディにて書かれた記事が
  あるのだそうです。(本著では孫引用されています)

  その中では、
    宝くじに当たる確率・・・・・1/1200万
    相続する確率・・・・・・・・1/1200万
  かなり低いですね(^^;;)
  ちょっと良くなっても
    カジノで大当たりする確率・・・1/600万
  となっているそうなのですが、ところが・・

  自分でスモールビジネスを始めたとしたら
  その人が100万ドルを得る確率はなんと。。

    約1/1000

  という他に比べるととっても高い確率なのだそうです。

  たしかに、それ以外の最初に紹介した3つは
  100万ドルの獲得に失敗したとしても、大きなリスクは
  ないかもしれません。リスクが少ないからこそ、獲得率も
  低いと。

  でも自分のスモールビジネスを持つ際にも
  最近では大きな借金をスタートアップ時に持たなくても
  自分自身の持っているスキルで、小さく小さく始めることも
  できます。

  今の時代の私たちには「インターネット」というギフトを
  持っているからですね。

  その小さな事を自分の好きなことで初めて
  出来る限り大きくしていく方向に進める。
  それがまず大きな方針なのかもしれません。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『自営業の「下堀り地獄」に注意』
  さて、そんなスモールビジネスですが
  日本において「成功する」という言葉をイメージすると
  「自営業モデル」を無意識にイメージする日本人が多いと
  著者の本田健さんはおっしゃいます。

  というのは、日本においては「ビジネスオーナー」として
  活躍している人が少なく、自分自身が運営している
  ビジネスの形態が非常に多いからだと。

  逆にアメリカでは、「ビジネスオーナー」になるか「投資家」
  になるかが、成功者の証として認められているために
  そこに大きな差があるんだそうです。

  そしてこの日本の「自営業モデル」の場合
  ある大きな落とし穴に落ちてしまう危険性があると
  本著では指摘されています。

  
  それは・・・「自営業の下堀り地獄」。。

  「地獄」っていわれると、とっても怖い印象をもちますが
  実際、陥ってしまうと大変。

  というのは、自営業モデルの場合
  まずは、「一人ビジネス」として社長ががむしゃらにはたらいて
  ビジネスの規模を大きくしていきます。

  すると、社員を雇う余裕がでるので、社員を雇い入れる。
  で、その分売上を継続的に上げていく必要があるので
  社長はもっと働く。

  すると、規模が拡大するのでまた人手が必要になる。
  その分の売上が必要になる。

  と、、、やればやるほど忙しくなっていくのです(^^;;)
  このことを本著では「自営業ラットレース」という言葉で
  表しています。

  逆にこのことを知っていれば、継続的に積み上げていく
  「ビジネス資産」とはどんなものなのか?

  これを最初のスタートする段階
  もしくは軌道に乗ってきた段階で考えることができるはずではないか
  そんな風に思いますね。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ビジネスIQを高める』
  さて、「ビジネス資産」を積み上げることを決意したとしたら
  何が必要か?といえば、ビジネスを実践していくための
  能力ですね。

  どんな小さな事でも、自分のスキルやノウハウ、サービスに対して
  お客様からお金をいただくのがビジネスですから
  価値のない物を提供するわけにはいきません。

  
  著者の本田健さんは「ビジネスIQ」という言葉を
  本著の中で使われています。
  ビジネスIQとはビジネスの知性、これがないと
ビジネスで成功することはできないといいます。

  そのビジネスIQとは・・・・

  まずは「稼ぐ」こと。
  当たり前なんですが、当たり前すぎて必要な要素として
  認識できてない人が多い、特に起業予備軍に多いと言います。

  「企画書」は全力を入れて書いている
  とってもカラーの綺麗な物を持ってくるのに
  魔法の質問をすると誰もが答えられないというのです。

  その魔法の質問は「実際に売上はどうやって立てるのですか?」

  その答えは「教えてもらいに来ました」と答えてしまう人が
  多いのだとか・・・。

  「売上」がないことには、社長の給料はおろか
  それ以前に、ビジネス活動を営んで行くに当たって必要な資源を
  維持していくことができません。

  一番最初のタネ銭は個人のプライベートのお金だったとしても
  それ以降の活動するための維持費をビジネスから
  稼ぎ出せないとしたら、やっていく意味がありませんからね。
  維持費以上のお金を稼ぎ出してこそビジネスです。

  その条件を超えると次にやってくるのが「使う」ということ。

  え?「貯める」のではないの?と思うかもしれませんが
  ビジネスにおいては(他でもそうかもしれませんが)
  現状維持を狙うと言うことは必ずといってもいいほど「衰退」に
  つながります。

  ですから「成長」をするために、どこに「お金を使うのか」
  を能力として身につけることが必要なのですね。

  まるるちゃんはまだまだではありますが
  「使う」ことでの成長戦略を描いていきたいと思っています。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自営業の「下堀り地獄」に注意』
                              
   ぜんぶを自分でやろうとしない
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 幸いなことに、ラットレースという形には
 はまりこんでいませんが、
 やりたいことがたくさんあるので、プロジェクトの案件が
 どんどんふくらんでいます(笑)

 自分自身がやるべきことと、そうじゃないことを
 どんどん区分けしていく必要があります。

 じゃないと。。。「成長」を描くための
 新しい戦略を検討してビジネスIQを高めていく時間が
 とれませんからね。

 そういう意味で「自分じゃないと出来ない」と言う判断を
 するときの基準をできるだけ「厳しく」していかないと
 いけないんだろうな~

 でも移行期は委任する方が大変なんだからと
 思ってしまう気持ちを抑えないといけないですね。。

 と自戒の念を込めて(笑)

大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ
大好きなことをしてお金持ちになる ― あなたの才能をお金に変える6つのステップ

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.