スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術 [by 大橋 悦夫 (著), 佐々木 正悟 (著)

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術 [by 大橋 悦夫 (著), 佐々木 正悟 (著)

2007-05-26
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術 スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
大橋 悦夫 佐々木 正悟

日本実業出版社 2007-01-31
売り上げランキング : 814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/05/26

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『効率を上げるには?』

   どうしてもだらけてしまいます・・・
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『仕組みとやる気』   『作業記録』

 『細分化』   『アイドルタイムを減らす』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『日々の効率を1%でも高めるには?』
                              
   1%は大きいです。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『「取りかかる」気持ちをおこす』
 ▼『やる気を引き出す-項目の出入りを激しく』
 ▼『習慣の力-とにかく1ヶ月は続けてみる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『「取りかかる」気持ちをおこす』
  さ~て、○○をやらないとな。

  と思って取りかかろうとしても
  やろうとすることが「大きすぎて」取りかかる前から
  気持ちが減退するって事ありませんか?

  まるるちゃんはよくあります。
  現在進行形です(^^;;)

  「手間がかかって」「ややこしそうだし」・・・
  と心の中でいろんな言い訳をしながら、究極のワザを
  繰り出しちゃうのです。

    そう、【後回し】というワザを(泣)

  スタートしないことには
  すべてのことは始まらないのですから、
  「取りかかろう」という気持ちを起こすことが
  とっても重要。

  
  そのためには・・・

  1つめの武器が
  「手頃な大きさに切り分ける」
  ことが武器になります。

  一つ一つの大きさが大きくて
  やる気を失ってしまうわけですから・・・

  それを打破するために、一口サイズに切り分けてしまうことが
  いいんです。

  
  本著で紹介されているもう一つの武器は
  「チェック済みにしてしまう」
  ということ。

  ???
  この文章だけではわかりませんね(^^;;)

  これは、できないままほったらかしになっている
  常連タスクに「終わりましたよ」のサインとして
  チェックをつけた状態でおいておくのです。

  
  本来は。。。終わってないわけです。
  でも表示上は終わっていることになっています・・・

  この状態を見ると、人は「認知的不協和」を
  起こします。

  目から入ってくる情報と、頭にある情報が
  一致しないために「気持ち悪くなる」のです。。

  この「認知的不協和」が起こると
  人は「一致させたい!」という欲求が湧いてきて・・・・

  そのためには、本当にタスクを終わらせないといけない1
  だからこそ、作業をやる気が発生してくる。

  心理学的に、とっても正しい気がします~。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『やる気を引き出す-項目の出入りを激しく』
  さて、その細分化によって
  「取りかかる」気持ちを引き出したとしたら
  次は。。。引き続きやり続けるための
  「やる気」を生み出さないといけません。

  まるるちゃんも実際にやってとっても効果があったが
  本著に薦められてる「他人に公表すること」。

  「○○をします!」と宣言してしまうわけです。

  この宣言をすると・・・・公約として
  発表したも同じですから、できないということは
  とっても「恥ずかしい」ことになります。

  ほんと、恥ずかしいのがいやだから
  達成するまでがんばり続けます(笑)

  【エンビジ】を発行するときも
  だします!と宣言してから・・・ださないという選択肢は
  ありませんでした(笑)

  おかげで、「めんどくさい」とかいう気持ちになる暇も
  なく、思いつく限りの手を尽くして
  おかげさまでなんとか創刊!することができたのです。

  それだけの「エネルギー」をやる気に与えてくれるのが
  「公言する」こと!

  ただ、そればかりだと
  大きな目標に取り組むには手強いですから
  さきほどの細分化を追求します。

  そのときに・・・・タスクリストは
  常に項目が入れ替わってほしいのです。

  項目が次々と出入りが激しいと言うことは
  何らかの事が終わっている。そして
  次の新しいステップに進んでいるという意味ですから
  「達成した」という達成感のガソリン
  「次に進んでいる」という充実感のガソリン
  が供給されて、どんどん先に進んでいけますからね。

  書いていて、だんだんやる気が出てきました(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『習慣の力-とにかく1ヶ月は続けてみる』
  さて「やる気」がでなくても
  実は出来る行動ってあるのです。。

  それが「習慣」。

  よい意味でも悪い意味でも「習慣」になってしまって
  いることは、エネルギーを使わずに
  できてしまうのでは?

  エネルギーがいらないので、
  動き出すことを考えるまでもなく
  体の方が反応してしまう。それが「習慣」かな~と。

  ですから、何かあなたが新しいことを
  したいのであれば、それを「習慣」にしてしまう
  方法を考えればいいのです。

  といってもそれができない、つらいから「習慣」に
  ならないんだよね~という声が聞こえてきそうですが(爆)

  そこで、、最初にがんばってほしいのは
  「とにかく1ヶ月」は続けてみるということが
  本著に書かれています。

  まるるちゃんが聞いたのは「21日間」というのも
  ありますが、この程度の期間続けることができると
  一旦、さぼってしまってもまた復活するのが
  可能なのではないでしょうか。

  逆にここまで続かないと定着しないというのもある気がします。

  「習慣」になるということは
  その行動の「手続き的記憶」を持つことに加えて
  「自動化」するという行為が行われます。

  これを心理学的な概念として「ロボット」という造語が
  あるそうなのですが、「ロボット」ができるまで
  がんばりましょう~ということかなと。

  でも。。。単に続けるだけではなかなか・・・
  という話もあると思うので
  本著にあった「目安」として使えるな~と
  思ったことを一つ紹介します。

  
  それは、スタートするときに「今何ができないのか」を
  記録しておくこと。
  そして「何が出来るようになったか」を確認して
  「できなかったこと」と比較することをしてみてください。

  自分の手足で行動の成果を確かめていければ・・・
  駄目ならばやめればいいですし、よさそうなら
  続けて習慣にしてしまう。

  その繰り返しをしていくと、どんどん改善していきますから!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『細分化・細分化』
                              
   細かいなら「パクッ」と一口で食べられる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 富士山を切り崩すにはダンプカー何台が必要か?
 というテーマを聞いたことがありますか。

 元々は某コンサルティンググループの試験課題でも 
 あったのかもしれませんが、
 今回の細分化という視点で考えてみると
 例え富士山であっても、毎回毎回ダンプカーで
 土を運び出せばいつかは無くしてしまうことができるのです。

 でも、その1回1回が大きなものであったら・・・
 とりかかるのがおっくうですよね。

 逆に、片手間でもできてしまいそうなくらい
 小さなものであったら・・・
 「ひょい、ひょい」と作業をこなしていくことが出来るかも
 しれません。

 人は、嫌なものはなるべく見たくないし
 行動にも取りかかろうとしないと思います。

 できれば、やらないままですませられればいいと(笑)

 
 でも・・・「じゃあ、いつかまとめてやるよ」と言う日は
 残念ながら実行されません(笑)
 少しづつこなしていく「細分化」を常に
 まるるちゃんの念頭に置いておきたいと思います。
 自分への・・言葉として!

 話は変わって、今回の【エンビジ】では取り上げませんでしたが
 本著では、重要な概念として「作業時間を記録しておく」
 というのがあります。

 感覚ではなく、実際の時間を記録しておくことで
 効率性や、未来への修正点などをすぐに計ることができるというもので
 共著者のひとりの大橋さんがされています。

 まるるちゃんは。。。そこまで厳密には
 まだできないな~と思ったので、紹介しませんでしたが
 とってもおもしろい考え方だと思います!

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.