スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > タテ型人脈のすすめ[by 志賀内 泰弘]

タテ型人脈のすすめ[by 志賀内 泰弘]

2005-03-15
タテ型人脈のすすめ
タテ型人脈のすすめ

posted with amazlet at 05.03.15
志賀内 泰弘
ソフトバンクパブリッシング (2004/05)
売り上げランキング: 85,251
通常4~6週間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『人脈をつくりたい!』                
┃                            
┃   みんなが思っていることです            
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『質』   『人脈力』

 『バスクリン』   『金脈は人脈』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『質の高い人脈を作るには?』             
┃                            
┃   名刺の山だけが残っても意味ないですものね     
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『右の人から親切にされたら、自分は左の人に親切にする』
 
  中国の「客家」といわれる人たちを聞いたことありますか?

  トウ小平など、中国で実力者と呼ばれる人をたくさん輩出しています。

  彼らは、「右の人から親切にされたら、自分は左の人に親切にする」
  という考え方の持ち主。
  頼み頼まれという世界で生きています。

  「それって狭い世界だからこそ出来たんじゃないの?」

  こう思うかもしれないねと志賀内さんはおっしゃっていますし
  まるるちゃんもちょっとは思いました。

  でも、お互いに頼み頼まれしているからこそ、信頼感って
  わきませんか?

  「何にも知らない人」「冷たい人」よりも、何かをやってあげた人
  やってくれた人の方が、人間としての距離って縮まりますよね♪

  まるるちゃんは、なかなか人に頼み事をするのが苦手なので
  この点は気をつけないといけない!と思いました。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『人脈はダイアモンド鉱脈』
  
  なかなかレベルの高い人たちの人脈なんてもてないよ!

  われわれ庶民からするとこう思うかもしれません。

  物質として貴重なダイアモンド。これも最初探すのには
  とてもとても苦労します。

  が、一度見つけると・・・・・近くにたくさんあるんですよ!!
  
  人脈もこれと同じなんです。
  最初にレベルの高い人のところにたどりつくのは 
  とてもとても苦労します。

  自分の価値もあげていかないといけないし、
  付き合う相手との関係もどんどん深くしていかなくてはいけません。

  が、ある相手と一旦深い関係になれば
  #って、ピンクな方向を想像しないでね(笑)
  実は近くにすごい人脈があるんですよ。

  なぜなら、レベルの高い人というのは、高いレベルでの人脈を
  もっているので、自分の価値を認めてもらえれば
  仲間にいれてもらえるじゃないですか!!

  そういう意味で、浅いレベルでの人脈を広げていくことよりも
  深いレベルで掘って掘って、最初のダイアモンドを見つけるところから
  始めた方が絶対いいんです!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『Give and Give』

  バスクリンの法則って知ってますか?

  まるるちゃんは知りませんでした・・・。

  志賀内さん曰く「お風呂に入っているときにバスクリンをいれると
  自分の方に引っ張ってこようとすると、逃げてしまう。
  逆に、自分の手前のお湯を押し出してあげると、周りから自分の方に
  やってきませんか?」
  というもの。

  何事も同じじゃないですか?

  欲しいからって追っかけてばかりでは自分にとっていいことは
  なかなか起こりません。

  新しい新鮮な空気を吸いたい!というとき
  先にやるべきことは「息を吐くこと」

  何事においても、自分から先に出していくことこそが
  自分の欲しいものを得るために必要なことだと思いませんか?

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『Give and Give で深堀する』      
┃                            
┃   自分が出来ることは率先してやる          
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 志賀内さんの実践録という感じでこの本はとても
 面白かったです♪

 特に共感できるのが、志賀内さんも普通のサラリーマンから
 スタートしたというところ。

 ペンネームの「志賀内さん」というのは「しがないサラリーマン」
 というところから入ったそうですから(笑)

 実際、「人脈」という単語自体が、「鉱脈」などと
 同じように、「つながり」をあらわしているのですから
 まるるちゃんも、つながりに連なれるような【価値】を身につけられる
 ように、全力でがんばりたいと思います。

 最近、セミナーに参加しても「全員と話しをしよう!」
 と思わないようになりました。
 やっぱり興味のある人と話をしていると、時間がいくらあっても
 足りないではないですか?

 
 それよりも、お話したい人と長い時間話しているほうが 
 お互いの関係も深まるし、いいことが多いんじゃないかと思うんです。

 ですので、限られた時間ですが全力で、お互いの関係にとって
 良いようにしていきたい!と思うようになってきました。

 メルマガ「エンビジ」でも同じです。
 せっかくいただいたご縁ですから、読んでくださっているあなたとの
 時間を大切にしていきたいと思っています。
 一方通行ではイヤなので、ぜひぜひお気軽にメールくださいね♪
  ⇒ maruru_chan_chan@yahoo.co.jp

タテ型人脈のすすめ
タテ型人脈のすすめ


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.