スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 10億円を捨てた男の仕事術

10億円を捨てた男の仕事術

2004-10-05

●10億円を捨てた男の仕事術
松本 大 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062118777/maruruchan-22

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『信用はお金よりも大事か?』             
┃                            
┃   どちらが大事でしょうか。             
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『ディスカウントレート、時価会計』
 『判断回数』
 『自分サイズの靴』
 『優先順位』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『時間感覚をもって仕事するとなぜよい?』       
┃                            
┃   時間が仕事にどういった影響を及ぼすのか?     
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『ディスカウントレート』
  物事を時間軸で考えよう!という考え方です。
  現在使えるの1万円と10年後で初めて使えるの1万円は同じ価値ですか?
  というと利子の分だけ違ってくるのは当然ですよね。

  今の世の中、環境は着々と変わります。ですから、今もっている価値が
  未来永劫同じとは考えにくいです。ということは、未来における価値を
  現在に割り戻してやる必要があります。
  その上で、「今行動を起こしたほうが得なのかどうか」を
  判断しませんか?

  どうも私も含めて、右肩上がりの成長期に慣れていると
  「預金は置いておいたほうが未来の価値が高くなる」と考えてしまいますが
  すでに高金利は夢物語。何もしないでほっておくよりも
  自分自身に投資したほうが価値が高い!と最近思うようになりました。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『判断の回数を増やす-正確さの期待値を高める』
  1回の判断があっているか間違っているかは、その後の結果を
  みないとわかりません。でも判断を重ねるごとにフィードバックを
  かけることができますよね。「あのときのように判断すればOK」
  「あれは駄目だった!」と。
  繰り返していくことで、自分の判断に自信をもてるようになります。
  「量を経験することで質があがる」まさにその行動です。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ベストよりベター』
  1回めから最高のベストを求めても、結果がでるよりも時間の方が
  かかってしまう可能性が高いです。だったら「ベター」が出た時点で
  よしとしましょう。それを継続的に繰り返すことで、最終的に
  ベストがでればいいじゃないですか!
  アウトプットを繰り返し繰り返すすることが重要なんです。
  毎回毎回1mmずつでもいいから改善することを目指して。

  毎回毎回の「エンビジ」でもこの精神でがんばろうと思います

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『ディスカウントレートを考慮する』          
┃                            
┃   現在の価値として物事を捉えること         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●10億円を捨てた男の仕事術
松本 大 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062118777/maruruchan-22


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.