スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > レバレッジ・リーディング [by 本田 直之 (著)]

レバレッジ・リーディング [by 本田 直之 (著)]

2006-12-09
レバレッジ・リーディング レバレッジ・リーディング
本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 172
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/12/09

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『多読はなぜいい?』

   感覚的にいいことはわかっていますが
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『1500円が15万円』   『投資物件』

 『16%でOK』   『反復と実践』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『多読によって何が変わるのか?』
                              
   キーポイントをまとめてみよう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『1500円が15万円:平均100倍』
 ▼『「常識」の更新をしよう』
 ▼『同じジャンルを徹底的に読む』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『1500円が15万円:平均100倍』
  エンビジ読者のあなたであればよくご存じだと思いますが
  ビジネス書の平均的な値段は、だいたい

    1500円

  くらいですね。

  アマゾンで送料無料になるかどうかのところです(笑)

  その1冊への投資が、本田さんの経験からすると
  だいたい100倍のリターンになって帰ってくる!と
  おっしゃるのです。

  もちろん、ただ読んだだけではだめですよ。
  本を読んだことによって得た知識を、ビジネスに生かして
  実践して初めて得ることができるリターンです。

  このことをまるるちゃん自身を振り返ってみて
  考えてみました。

  ・・・・・・・・
  現時点では、まだ100倍に達していない計算になりましたが
  100倍がイメージできるようになってきています。

  本田さんは、年間で100万円くらい本に投資していると
  おっしゃります。

  まるるちゃんは、考えてみると年間100万に達してないので
  ちと反省(^^;;)
  ただ、書籍に限らず、e-bookやセミナーなどを含めると
  余裕ですね(笑)

  書籍をはじめとして、「他の人の経験」を手に入れると
  何がいいのか?というと

  「結果を出すために時間を使える」ことではないでしょうか?
  自分が先駆者となって進んで行くとなると 
  結果を出す前の「試行錯誤」に時間を使わないと
  行けなくなりますからね。

  この差は大きいです。

  先駆者となって試行錯誤を進めていく分野も
  自分が第1人者となるためには必要ですが
  人生すべてにおいて、そんなことをしている余裕はありませんから・・。
  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『「常識」の更新をしよう』
  「たくさん本を読んできたら、もうその財産だけでいいのでは?」

  こんな疑問を思ったことがまるるちゃんもあります(笑)

  
  確かに、いろんな本を読んでいても知っていることが
  増えてきたかもしれませんが・・・

  それでもやはり「多読」を進めるべきではないかと
  本田さんがおっしゃっていますし、まるるちゃんもそう思います。

  なぜなら・・・・「更新」をしていかないと
  持っている財産が陳腐化してしまうからです。

  世の中は日々変化しています。
  これまで「常識」とされてきたことが
  ある日突然「非常識」になってしまうということを
  経験したことがありませんか?

  理系の世界に身を置いてきたまるるちゃんとしては
  ある論文の実験結果から、いきなり新しい新事実が
  認定されて常識が覆ったということは、よく見てきました。

  
  ビジネスの社会だって当然ですよね。

  話はかわりますが、1ヶ月の平均の書籍の購入額の
  統計って聞いたことがありますか?

  本著にその数字が掲載されていますが
  月に1000円未満の人が34.3%・・・
  
  1冊も買えないですね(泣)

  月に5000円を超えている人は・・・
  10%にも満たないようです。。

  1週間に1冊読めば、その時点で6000円くらいに
  なりますから、すでに上位10%入りを果たしています!

  エンビジで1週間に紹介してる3冊のうち
  1冊を買うだけで上位10%に入れるとしたら
  やる気が出ませんか?(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『同じジャンルを徹底的に読む』
  多読には「目的を明確化」させることが 
  大事であると、本著には述べられています。

  すべての本を最初のページから一字一句おっかけるだけの
  時間はありませんから、「何を得たいためにこの本を読むのか?」
  と明確にしないといけないということです。

  はい、エンビジのスタイルです(笑)

  と、この「目的の明確化」ともっとも親和性が高い
  多読が「同じジャンルを徹底的に読む」と言うやり方です。

  このジャンルと決めたら、数十冊を一気に読む!
  というやり方です。

  え?重複が多くて無駄じゃないのか?と思うかもしれません。

  たしかに、重複していることが多いですが
  実はメリットが大きく分けて2つあります。

   ・重複していること=重要なポイントである
    繰り返し述べられているのですから、そのカテゴリーでは 
    キーワードになることであるといえますよね。

   ・一人の意見にとらわれない=セカンドオピニオン
    1冊の本でのみ、そのジャンルのことを勉強してしまうと
    一人の著者の意見に思いっきり引っ張られることになります。

    まるるちゃんは実践していませんが、新聞を1紙ではなく
    たくさん取って読んでいるという方がいらっしゃいますが
    これも、一つの紙面だけでは情報のとらえ方が
    偏ってしまうから、それを防ぐためだといいますよね。

  この後者の「セカンドオピニオン」という考え方は
  とっても大事だと思います。

  本というモノは、著者の「思考法」「信条」がまとめられたもの
  ですから、どうしても必ず偏ったところがあります。

  それはいい点でもありますから、逆に読み手である
  私たちとしては、多数の本を読むことで
  多面的な見方を知り、結果として自分のやり方というモノを
  得ればいいわけです!

  最終的には、自分の実践+知識で
  自分オリジナルのやり方がうまれてくるのですから!

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『多読を続けることと、フォローの仕組み』
                              
   フォローがまだまだですからね
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著はとっても楽しく読めました(笑)

 まるるちゃん自身がやっているやり方に
 とっても沿っている気がしたからです。

 本著の中に「本のストックを切らさない」という言葉が
 ありましたが、まるるちゃんの部屋にも常時20冊程度の
 未読本が山積みです。。

 定期購読している雑誌も積まれているし、まだ見ていない
 セミナーDVDもたくさん(笑)

 仕事がなければ、いつまででもそれらを見ていたい!
 そんな風に思ってますからね。

 自分のやっていることが間違っていない!
 と確信することが出来る本というのは
 ホントにきもちいいものです。

 あ、間違っていることを気がつかせてくれる
 本ももちろん貴重ですよ~。

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング

関連記事:


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.