スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 伝達力 話すプロの「伝わる技術」 [by 青木 仁志 (著) ]

伝達力 話すプロの「伝わる技術」 [by 青木 仁志 (著) ]

2005-10-18
4902222221 伝達力 話すプロの「伝わる技術」
青木 仁志

アチーブメント出版 2005-03-19
売り上げランキング : 4,776
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2005/10/30

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『伝達力をつけたい!』

   せっかく発信するのでしたら、伝わるようにしたいですよね。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『コミュニケーション能力』   『相手のために』

 『全身で話す』   『相手を勝たせる』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『伝達力のコツはなんでしょう?』
                              
   即効性のあるものはなんだろうか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『伝えたいことに100%の確信を持つ-本心から』
 ▼『相手を勝たせる話をする』
 ▼『内的コントロール心理学』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『伝えたいことに100%の確信を持つ-本心から』
  メルマガを書き始めて、ず~っと続けていると
  わかったことがあります。

  それは、、、
  文章に伝わる力があるかないかは、
    【本心からそう思っているか!】
  によって決まる!

  ということです。

  まるるちゃん自身が発行者の立場になったので
  読者だけではなく発行者の視点からいわゆる「相互紹介」
  というものを眺めてみたのですが

   作者が本気でお勧めだと思っているかどうか!
 
  が文章を読むと透けて見えてくるのです。

  だって文章に【お勧めできる】という自信があるか?
  ってわかりますよね?

  そこを隠してウソをつくことができる能力がある
  特殊な人でない限りは。

  ですから、「伝えたい!」のであれば
  その伝えたい内容に「100%の確信」がもてるようになれば
  それだけで、「伝達力」は格段にあがります。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『相手を勝たせる話をする』
  そのときに、さらなる武器となるのが
  「相手の立場に立っているか?」ということ。
  
  話を話す人、聞く人という人間関係においては
  「この人の話を聞きたい!」と思う背景があるはずなんです。

  「問題を解決したい」「願望をかなえたい」
  
  いろんな思いを抱いて聞いているはずですから
  できるだけ、解決してあげられるような話をすることが
  できれば、「伝わる」んです!

  【エンビジ】であれば、
    ・ビジネス書を面白おかしく読みたい!
    ・ビジネスで稼ぐエッセンスを知りたい
    ・まるるちゃんって何者だ?(笑)
  なんて需要がありますから、それに全力で答えられるような
  誌面構成を考えているんです。

  
  そして、相手を勝たせるとはこれだけではありません。

  それは「相手の自己概念を下げないようにすること」だと
  青木さんはおっしゃいます。
 

  相手がなにか間違った考えをしていたとしても、それを
  ダイレクトに指摘するのは×。

  相手が傷つくし、反発もしてきて、もともとの
    ・こちらは伝えたい
    ・相手は、解決したい
  という、双方の目的がまったく達成できないのですから。

  ですから、相手の自己概念を下げないことを念頭にきちっとおいて
  その上で、こちらが求めていることを話すことができれば
  「伝達力」を持った話ができると思いませんか?

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『内的コントロール心理学』
  人間の特性として、
    外的刺激に反応して行動するよりも
    内的刺激から行動したほうが、持続性がある
  というものがあります。

  このときの内的刺激とは、人間の遺伝子から指示に基づく
  人間の基本的欲求のこと。

  例えば、「おなか減った」
  すると人間はご飯を食べに行きますよね(笑)

  また「人から評価されたい」
  だからこそ、ビジネスで成果をだそう!とがんばったり
  よい成績をとろう!として勉強を一生懸命したり
  するわけです。

  これを「伝達力」を高めることに使うことができるんです。

  というのは、話をする前にまず
    【相手の願望を明確にする】
  ことにつとめます。

  すると・・。 
  この願望は、外からの刺激による願望ではなく
  自分の内側から沸きあがってきたものですから
  その願望をかなえられるような話をすることができたならば
  こちらの話を聞いてくれる可能性が劇的に高まるのです!

  ビジネスの提案でも同じですよね。
  「売りたい」というこちらの願望にフォーカスしている人は×

  でも「あなたのビジネスのサポートをすることができます
  具体的には、こんな方法で」
  と提案する形であれば、相手の興味の持ってもらえる度合いが
  まるで違いますよね?

  シンプルですが、自分の欲求に目がくらんで見えなくなることも
  多々ありますから気をつけないといけませんね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『相手を勝たせる話をする』
                              
   求めているものを明確に
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著の中であげられていた例でなるほど~と思ったのが
 こんな話です。

  横綱千代の富士に、体調管理のコツを聞いたところ
    「体が教えてくれる」
  という答えが返ってきて、納得したんだそうです。

 でも、この発言を普通の人がしたならば
  「・・・・・・・・・・でそれが何?」
 となりますよね?

 この差は何かというと、発言内容の差ではないのです。

    差は【生き様】

 その人の生き方が、言葉以上の説得力を持つのです。

 
 ビジネスでも同じですよね。
 何にも成果を出していない人が、発言しても
 説得力がありません。

 
 でも、誰が見ても明らかな結果を残している人の教えは
 誰もがありがたがる!という状況ですよね。 
 みんな、その人のように成果をだしたいですから。

 
 まるるちゃんも、そんな人になれるように
 一歩一歩着実に成果を積み重ねていこうと、がんばっています♪

 すると、まるるちゃんの発言にも「伝達力」が
 積み重なっていくでしょうからね♪

伝達力 話すプロの「伝わる技術」
伝達力 話すプロの「伝わる技術」


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.