スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 最強の名古屋商法―目からウロコのビジネスヒント満載[by 007名古屋商法 (著)]

最強の名古屋商法―目からウロコのビジネスヒント満載[by 007名古屋商法 (著)]

2005-05-10
最強の名古屋商法―目からウロコのビジネスヒント満載
007名古屋商法
アーク出版 (2005/01)
通常24時間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『名古屋は元気?』
                              
   万博といい、トヨタといい絶好調!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『ケチ』   『トヨタの単位』

 『不況に勝つ』   『ハンディ』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『何が名古屋は違う?』
                              
   どういうメンタリティなんだろう?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『世界一を目指す!』
 ▼『どえりゃ発想をする-ハンディを逆手に』
 ▼『改革とカイゼンの両立』(明日のご紹介)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『世界一を目指す!』
  マーケットの規模で言うと、日本の約4割を東京が占め、
  ついで大阪が2割、名古屋は1割なんだそうです。

  だんだん半分になっていくイメージです。

  大体の場合、まず東京に新製品は投入され、そこでうまくいくと
  大阪に進出!そして名古屋へという流れがあるんだそうです。

  このときに発生する「タイムラグ」が重要。
  大体の場合時差が発生するために、名古屋圏の普通の企業が
  #トヨタなどは別ですが
  広域に売る製品をだそうとすると、
  すでに東京などで製品が出ているので
  「真似しただけ」の商品では太刀打ちできないんです。

  だから、名古屋人のメンタリティは「オリジナル」!
  人まねはしない!という考えの下なんです。

  そして、「東京に負けてなるものか!」と
  日本だけに目を向けず、世界一を目指す!
  
  まるるちゃんは初めて知ったのですが、名古屋駅前のビルの
  名前は「大名古屋ビルヂング」というそうです。
  地名に「大」をつけるというのも、気宇壮大ですごいですね♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『どえりゃ発想をする-ハンディを逆手に』
  ご存知の方はご存知だと思いますが、名古屋-大阪を結んでいる特急は
  新幹線だけではありません。

  「近鉄特急」という電車も名古屋-大阪なんばを結んでいます。

  もちろんスピードは新幹線のほうが速くて、大体1時間。
  対する近鉄はだいたい2時間。

  このハンディを、近鉄は「安さ!」という面から宣伝していました。
  これまでの戦略では。
  でも、そうするとなかなか状況を好転させることができなかったんです。

  ところが、この「時間」というハンディを逆手に取る広告を
  はじめました。

   2時間、私にはちょうどいい!
      私はぐっすり睡眠
      私はテキパキ仕事

  これおもしろいですよね。
  確かに、誰にも邪魔されずに昼間に2時間をとれるというのは
  とても貴重です。

  まるでプライベートの書斎のように時間を使うことができるというのは
  別の面からの魅力になりますね♪

  まるるちゃんも何か考えてみたいです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『改革とカイゼンの両立』
  「カイゼン」といえば、トヨタの代名詞。
  
  毎日毎日「明日のため」の積み重ねをしていますよね。
  
  対して「改革」は、未来、例えば3年後の飛躍のために
  行うものです。

  会社の状況をよくしようと、「大改革」をぶち上げるリーダーは
  結構います。
  #セミナーで感化されたりして(笑)

  でも、足元がおぼつかない状態で「改革」だけがうまくいくことは
  ありません。
  
  「改革」で道筋を示してあげる+「カイゼン」で日々の自分たちの
  行動を少しでもよくしていくという2点が両立してこそ
  初めてうまくいくんでしょうね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『反逆の心-世界一を目指す』
                              
   東京・大阪と同じ事をしていてはだめ!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 大手がいる限り、大手と同じ事をしていてはだめ!
 
 よく言われることですが、これを実際に実践している名古屋商法って
 おもろいですね。

 実はまるるちゃんは名古屋で宿泊したことがあるのは1度だけ。
 従兄弟の結婚披露宴に参加するためだけです。

 近くて遠い地域というイメージがあった名古屋ですが
 近いうちに仕事がらみで1回行くことになりそう。
 だけど、日帰りになりそうなんですよね(泣)

 先日行った時に、おいしい手羽先を食べましたが
 これをおみやげに買って帰るのが精一杯???

最強の名古屋商法―目からウロコのビジネスヒント満載
最強の名古屋商法―目からウロコのビジネスヒント満載


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.