スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る[by 堀 義人]

吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る[by 堀 義人]

2005-04-08
吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る
堀 義人
東洋経済新報社 (2002/03/15)
売り上げランキング: 61,250
通常24時間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『グロービス代表の本は?』               
                              
    友人が通っていたことがあって興味があるんです。   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『HBS』   『企業留学』

 『結局何がしたいのか?』   『ミッション』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『なぜ、グロービスを作ったのか?』           
                              
    どんな動機からはじめたのだろうか?         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『ヒト・カネ・チエ-知的集約産業に足りないもの』
  日本で、知的集約産業を発展させるためには、どんな条件が
  足りないか?を考え抜いて、堀さんが得た結論が3つ。

  ヒト:体系的な経営教育の欠如
     人材流動化の遅れ

  カネ:立ち上げ期(アーリーステージ)での経営支援を
     行うVC(ベンチャーキャピタル)が少ない。

  チエ:戦略研究所/教育機関がない

  米国で得られるもので、日本でこれだけのものが足りない!
  と思った堀さんは、これらを補うような機関を日本で立ち上げられないか?
  と考え付いたんです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『大企業でのインセンティブって?』
  HBS(ハーバード・ビジネス・スクール)から帰国した堀さんは
  上記の思いをまず、派遣してくれた商社の中で実現しようとします。

  稟議を書き、上司を説得しと奔走しますが、結局認められず
  「正規の実行ルートは閉ざされて」しまいました。

  では、大企業にいるインセンティブってなんでしょう?

   ・金銭的:給与はなかなかあがらない

   ・やりたいことはできないことが多い(上記の堀さんのように)

   ・Visionの共感はなかなかできない。これは中身が理想的・漠然と
   なっている上に、自分で実感して入社した人も少ないので。

   ・人材:優秀な人に出会えることが多い。
     → 人脈の構築/自らの成長には有益

  この大企業で得られるインセンティブで、
  さて自分は何ができるんでしょうか?

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『結局何がしたいのか?』
  そんなときに、堀さんが目に留めたのは、堀さんの祖父の追悼集。
  そのタイトルは「吾人の任務」。

  そこに書かれていた祖父の生き方から
  人として何をするべきなんだろうか?
   → 【Personal Mission Statement】を考えるようになったんです。

  そして、堀さんが導き出した自らの答えは・・・
   1)ビジネスインフラをつくる(上記ヒト・カネ・チエついて)
   2)創造・変革を継続して社会的価値を創り出したい!
  というものでした。

  これをすえた結果、商社では実現できない!と判断して
  自らグロービスの創設に向かったわけです。

  最近、「起業」がもてはやされていますが
  やりたいことがあるから独立する!のではなく、
  最初に独立ありき!という起業が結構あるみたいなんです。

  これって「起業」がやりたかったんでしょうか?

  すると、会社を設立し独立した瞬間に、自分のミッションが終了してしまい
  その先に向かっていくエネルギーが得られないと思いませんか?

  まるるちゃんが「エンビジ」をはじめたのは
   ・メルマガを発行したい(笑)
     →先ほどの独立したい!というのと一緒ですね。

   ・理系のスキルだけではなく、経営のスキルも身につけたい。
    そのために本を読んでアウトプットしたい!

   ・経営を学ぶのであれば、実際にビジネスにつながることをしたい!
  という3点がメインでした。

  まだ、ミッションといえるレベルではありませんが
    「本を読んだ後の、行動」を読者の方と共有することで
    自らも一緒にみんなで成長しよう!
  という考え方になってきています。

  これをビジネスにつながるようにしていきたいと思います。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『可能性を信じ、ワクワクすることを吾人の任務とする』  
                              
    自分のミッション=やるべきことを考えよう      
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る
吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.