スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 起業の条件―若者文化からビジネスを生み出す方法 [by 折口 雅博]

起業の条件―若者文化からビジネスを生み出す方法 [by 折口 雅博]

2005-02-05
起業の条件―若者文化からビジネスを生み出す方法
折口 雅博
経済界 (1997/02)
売り上げランキング: 76,635
通常4~6週間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『ディスコの仕掛け人のやり方は』           
┃                            
┃   ヴェルファーレとジュリアナと言えば、時代を    
┃  作りましたからね。                 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『強運』
 『夢・信念』
 『人脈-付き合い方』
 『勘と読み』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『強運を引き寄せるには??』             
┃                            
┃   うまくやっていくには必要不可欠!         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『ハングリー精神-守りに入るな』
  最初、裸一貫ではじめた会社の社長が、ある程度成功してしまうと
  「得たものを失いたくない!」という思いで、
  現状に満足してしまうことがあるんだそうです。

  10億の売り上げをなかなか超えられないひとつの壁になっている
  のがまさにこれが理由。10億売り上げがあると、だいたい社長さんの
  元には1億の利益が残るらしい。たしかに満足しちゃいそうですよね。

 
  でも、いつまでも同じことはおこりません。
  持っている力を出し切らないと、力が溜まってよどんできます。
  水は川のように流れているからきれいなのであって
  水溜り・ため池のように溜まったままだと汚れるのと同じなんです。

  ハングリー精神をもって「みてろよ、未来には!」という思いを
  もてるならば、表面的なプライドは捨てられるはず。

  大学を卒業してしまっている、まるるちゃんは一般的には
  高学歴といわれる部類に入ってしまうので
  この「表面的なプライド」を意図的に捨てるようにしないと
  幸運をつかめないかもしれません!
  頭にたたきこんでおかないと!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『欲望が行動を起こす』
  上で書いたように、現状に満足=欲望がない
  となんにもしなくなってしまいます。

  ということは逆に欲望をもっていれば行動を起こすということ。

  「自分は事業を行って成功したいんだ!」 
  この思いがあるから、では起業するためにはなにをしたらいいんだろう
  と行動する。
  
  「エンビジを成功させたい!」この思いがあるから、まるるちゃんは
  メルマガを書き続け、セミナーにも行ったりするんですね。

  健全な「欲望=目標」をもつことは、人間の行動力の源です。
  それを頭の中に思っているだけではなく、書き留めるとさらに効果的。

  まるるちゃんは昔から「メルマガってやつをだしてみたいな~」と
  頭の中で漠然と思っていたのですが、出すまでに結構時間がかかりました。
  
  でも、「7000人目指したい!」とメルマガで宣言してから
  なんか好調です。おかげさまで、読者の方に支えられています。
  あなたも、自分としての健全な「欲望」をもちませんか?

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『欲望が行動を起こす』                
┃                            
┃   何をやりたいのかをはっきり持ちた         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 実は今みたいにセミナーに良く行くようになるよりも
 はるか昔の学生時代、折口さんの講演を聴いたことがあります。
 
 それは、学生のころにまるるちゃんがベンチャーをやっていた
 関係で「来て見ない?」とお誘いいただいた話でした。
 当時、グッドウィルが著名になってきたころで
 「あのヴェルファーレの仕掛け人が!」という感じだったと思います。
 
 正直、もう8年位前の話なので内容を忘れてしまったのですが
 今、この本を読み返してみて、折口さんがどのように考えて
 いらっしゃったのか!というのがとてもわかりました。
 出版がもうだいぶ前の本になりますが、当時学生だった30代の
 方にはとてもお勧めですよ。

 講演の内容を覚えていません(すみません)でしたが、
 お見かけした折口さんのオーラは漠然と覚えています。
 そこでちゃんと、人脈を生かせていればなあ(笑)

起業の条件―若者文化からビジネスを生み出す方法


 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.