スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 仕事術 > 会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人

会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人

2004-12-31

●会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人
堀 紘一 (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569638163/maruruchan-22/ref=nosim

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『1億の価値をつけるには?』             
┃                            
┃   周りから高い評価を受けるために必要なことは?   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『リーダーシップ』
 『夢』
 『強靭な精神力』
 『希少価値』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『1億の価値をつけるために必要な条件は?』      
┃                            
┃  本を手に取ったときと同じ質問ですね         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『1芸に秀でる+基本を一通り知っている』
  プロ野球選手を見ればわかるとおり、何か特徴のある人というのは
  それだけで、高い価値を生むんです。
  
  代打専門・松井対策専門など、なんでもいいんですよ。

  ただ、この「専門=Specialist」だけでは1億にはなりません。
  数千万円の価値で終わってしまいます。

  そこで、もうひとつ身に着けたいのが、専門以外のさまざまな分野の
  基本を抑えること。

  そこで堀さんが進めているのが
  「もし大企業にいるならば子会社の経営者として出向すること」

  子会社である以上、倒産するリスクがかなり低い。
  けれども、自分の意思で会社を経営することができる。
  これはなによりもの財産ですよね。
  なにもわからないけれども、放っておいては死んでしまう。
  だから死に物狂いでなんとかしよう!という風にいろんなことが
  自分の経験となっていくんですから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『経営者のリーダシップ』
  「マネージャー」と「リーダー」の違いは先日の第26号で
  取り上げました。
  http://www.enbiji.com/archives/2004/08/post_62.html

  1億を超える価値!というのはまさにリーダー=経営者の
  リーダシップを身に着けている人が持っているもの。
  
  経営者のリーダーシップを身に着けているということは
  自ら独立して起業することができる能力を持っている!という
  ことですから、会社側・経営者から見てもそれだけの価値がでてくるんです。
  プロ野球選手のFA選手をひきとめようというのと同じ感覚ですね。

  ではどうやってその能力を身に着けるんでしょうか?
  堀さんがあげられているのは
   1)仮説構築をする能力がある
   2)この仮説を検証する実行力があること
  の2つを大きなこととしてあげられています。

  まさにエンジニアが研究を通して行っていることですね。
  いや、行うべき!ということかもしれません。

  単純に仮説を立てているだけでは、単なるほら吹きと同じレベル。
  シミュレーション・実際の実験を通して繰り返して確かめていかないと
  いけないのです!

  そして「強靭な精神力」をもって行うこと。
  「やりとげるまであきらめない!」ことこそが、先の見えないトンネルを
  進むことになる経営者にとっては必須の条件になるんです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『夢を語る-常に語り続ける』
  リーダーが常に行わないといけないことは、「夢を語ること」
  ただ「利益目標、今月は○○万円!」と言っているだけでは
  部下は「勝手にやれば~」としらけるだけ。

  ただし、、、「夢は一度語っただけでは伝わりません」

  何度も何度も繰り返し語ることが、みんなへ夢を伝えるための
  必須条件!

  では「夢を伝えること」がなぜ大事なのでしょう?

  
  それは「夢が多様性をつなぐ糊」だから。
  今、画一的なメンバー・社員でいる組織は非常に弱いと
  言われてますよね。もちろん理由はお分かりだと思います。

  必要なことは、メンバーが画一的なのではなく、
  多様性に富んだメンバーで、ひとつの目標にむかって進んでいくこと。
  そのためには、多様性をなんらかの方法で纏め上げる必要が
  あるんです。

  そのための接着剤=糊となるのが「夢」。

  みんなでひとつの思いをもつことは、みんなのパワーが
  同じ方向=同じベクトルをもつことになり、巨大な力となるのですから。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『経営者のリーダーシップを身に着ける』        
┃                            
┃   いつどんなときでも価値を認めてもらうために    
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 2004年の最後にこの本を紹介できることはとっても幸せです。

 「1芸に秀でる」上に「基本をちゃんと抑える」というのは
 エンジニアであるけれども、経営に興味をもっている
 まるるちゃんとしては、まさに「わが意を得たり!」と思えること
 ですから。

 堀さんはこの本の中で
 「(会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人)を手に取っているだけで
 あなたは一歩リードしてますよ」という内容のことをおっしゃっています。
 
 なぜなら、それだけ向上心・前向きに進む力がある!ということなんですから。
 
 そして、この「エンビジ」を読んで、堀さんの本に触れた方にも
 同じことが言えると思います。2004年の最後にこの本に出会ったあなた、
 2005年はこの堀さんの本と一緒に始めたらいかがですか?

 一緒に経営者リーダーシップを身につける仲間となりたいですね。

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  **この本の効果発揮開始はこれくらいからだ!=3年~**

   1億を狙って初めて5000万円の価値を身につけられる
 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人
堀 紘一 (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569638163/maruruchan-22/ref=nosim



 

仕事術の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.